飲んだくれママのおしり治療日記

フルマラソンサブ4めざす小学生×2の働くママが内核痔根治手術を受けたお話。入院期間1週間。手術後1か月の禁酒で4kg痩せました!

<

スポンサーリンク


痔の治療の病院選び~4つのポイント?

f:id:oshirimama:20180320153359p:plain

痔に悩んで、初めて「病院に行こう」と決心した時、意外と迷うのは病院選びですよね。私の場合、それまでも何となくネットで調べていたんですが、いざ決意すると「通えそうな範囲」に意外とたくさん(10か所近く)肛門科がある病院がありました。・・マニアックな診療科だと思ってたんで、ちょっと意外・・

 以前にも、病院選びについてチラッと書いたことがあるのですが、ポイントを絞って考えてみました。

 

以前書いた記事はこちら↓

www.oshirimama.info

はじめに・・

肛門科受診を決意した時の私のお尻の状態は、↓のような感じです。

 

・自己診断による痔の進行度は「Ⅳ度」

お尻からほぼ常に全周脱肛してる状態です。

Ⅲ度の場合は「手で戻す」ことが可能ということなんですが、私の場合はパンパンに張っていて戻らない状態でした。

 

常々、自分の鏡でお尻を見て「ニモで海中に描かれていた、アレに似ている・・」と思ってたんです。でも、「アレ」が何だか調べても、なかなか出てこない・・

今のところ、暫定的に「触手を引っ込めているウメボシイソギンチャク」か「ファンシーロックアネモネ」かな、と思っています・・(イソギンチャクマニアの方、不快でしたらすみません!!)

 

 

ポイント1.地理的な通いやすさ

いくら「名医」と言われる先生がいらっしゃっても、例えば栃木から東京への通院はなかなか厳しいですよね。

通院の手間を考えると、電車なら数駅程度、車なら30分以内、または自転車(はあまりオススメしませんが(^▽^;)で行ける場所がいいな、と思いました。

一方で、あまりにご近所さん過ぎても恥ずかしい部分もありますよね。私も「子供の学区内の病院」はできるだけ避けたい気持ちがありました。

結果的には、自宅の線路の向こう側(学区外)、自転車で10分、車で5分あれば行ける場所にある病院を選びました。

 

 

ポイント2.治療方針

色んな病院のHPを見ると、「手術になるのは、かなり進行した人だけ」「ほとんどの人は薬を使って温存治療」的な話が多く載っています。

でも、私が受診を決意した段階では、「これが『手術』じゃなかったら、一体どんな人が手術受けてるんだ・・」という状態で(あくまで自己診断です!)、「もう手術してスッキリしたい!」と強く思っていました。

逆に、病院で「薬でイケます」とか言われたちゃったらどうしよう・・という不安もありました。

 

そして、私の行った病院のHPでは、「痔がⅡ度でも、生活に支障があれば手術をお勧めします」など基本的に手術推しな雰囲気があったんです。

もちろん、手術しなくて済む患者さんを手術することはないと思うんですが、「微妙な人」にどちらを勧めるか、という所に差が出てくるのかな、と思います。

私の場合は、一目で「手術だね」と言ってもらえ(?)、晴れて根治手術となりました!

 

ポイント3.病院の施設

私は手術を覚悟していたので、初めから入院施設がある病院の方がいいかな、と思っていました。

入院施設がない病院では、手術方法の選択肢が狭まるし、紹介状で転院なんてなったら面倒くさいので ・・

HPで見ると、今どきはどこの病院も新しくてきれいですよね・・というか、HPがある病院=比較的新しい病院が多い、ってことなんでしょうか?

 

ポイント4.先生との相性?

これは、実際受診してみないとわからない部分もありますよね・・

私の場合は、最初「なんか思ってたのと違う・・」と思いましたが、段々「この先生はこういう飄々としたキャラなんだな・・」と思うようになりました!

 

初めに「なんか違う・・」と思った理由なんですが、私は普段病院にはほとんど行かないし、ましてや手術なんてしたことなかったので、診断時には懇切丁寧な説明があるのかと思ってたんです。

でも、私の先生の場合、例えば手術の説明は「痔核が3つあるんだけど、それ3つ切って、取って、縫う」みたいな感じで、意外とあっさりしてました・・

 

このブログを見てもらってもわかるように、私は若干理屈っぽい(?)ので、「こんな説明で決断してしまって、大丈夫かな・・」と不安だったんです。

でも、事前にこの病院で手術を受けた人に「先生の腕は確か」的なことを聞いていたし、何よりまた1から調べて他の病院に行くのも面倒くさいという消極的理由もあり、「もうこの先生に身を預けてみよう」と決意しました・・

  

結果としては、何のトラブルもなく回復することができ、こちらの病院にお世話になって本当によかったと思っています!

 

よい病院が見つかりますように! 

・・という訳で、私の場合は初の肛門科受診で行った病院で手術して、そのまま順調に回復していますが、痔に関するブログを見ると、複数の病院に行かれたり、なかなか完治できないで苦しんでいる方が結構いますよね。

 

もちろん、患者さんの症状や環境はそれぞれ違うので一概には言えないんですが、痔の治療には、病院との相性も重要なんだな、とつくづく思います。

1人でも多くの方が、自分と相性のいい病院と巡り合い、1日でも早く痔の苦しみから解放されるといいな、と思っています!