飲んだくれママのおしり治療日記

フルマラソンサブ4めざす小学生×2の働くママが内核痔根治手術を受けたお話。入院期間1週間。手術後1か月の禁酒で4kg痩せました!

<

スポンサーリンク


いぼ痔の手術(内痔核根治術)・入院の費用について

f:id:oshirimama:20180311155711j:plain

確定申告の期限が迫っていますね!我が家も今週末にやっと申請書を作りました・・(・´ω`・)昨日の記事でちょうど入院費用の話が出たこともあり、20年来の痔主を卒業するのにかかった費用をまとめてみました!

症状や治療方針などは、本当に千差万別だと思いますので、あくまで参考程度に読んで頂ければと思います(o’∀`o) 

 

退院時の精算等についてはこちら↓

www.oshirimama.info

治療にかかった総額

肛門科初診から通院終了までにかかった費用は、以下の通りです(単位は円)。

 

  診察費 薬代 合計
初診時 5580 820 6400
手術・入院費 66950 0 66950
術後1回目診察 5990 630 6620
術後2回目診察 830 0 830
術後3回目診察 380 0 380
術後4回目診察 380 0 380
 合計 80110 1450 81560

★初診時費用には、術前検査代が含まれています。

★術後1回目診察時費用には、診断書料5400円が含まれています。

 

合計81560円でした!

 

この金額をどう考えるかは人それぞれかと思うのですが、もう脱肛を気にせずに走ったり、お酒飲んだりできる暮らしは、まさしくプライスレス☆彡

私の場合、20年来の痔主だったので、「あいつ(痔核)との手切れ金」と思えば「妥当」ないし「安く済んだ」という印象でした!

 

入院・手術費の内訳

私の場合、

・内痔核根治術で3つの内痔核を切除

・手術前後8日間の入院

・手術前に大腸内視鏡検査

をしました(手術や大腸内視鏡検査の様子も、ご興味がある方はぜひお読みください!)。

その総額は、上記のように66950円でした!

 

3割負担の金額ではありますが、思いの外安くて驚きました。(健康保険のありがたさも感じました・・)

 

病院から頂いた明細書を元に、ザックリ内訳を算出してみると、以下のような感じです(単位は円)。

入院にかかる費用
(ベッド代・食事代等、8日分)
31000
手術にかかる費用
(麻酔等含む)
19300
大腸内視鏡検査 5400
医学管理料
(これが何なのか謎・・)
3576
小計 59276


残りは、術後に受けた点滴だったり、傷口の処置代のようです。

 

今回の入院のメインイベントである「手術代」ですが、明細の点数は「5190点」。

これって、健保からの支払いを含んでも、病院に入るのは「51900円」ってことですよね?

私は大きい痔核3つも取ってもらい、先生も近隣では腕の良さで有名な方だったので、「安すぎやしないか~?」と申し訳ないくらいです・・

 

入院費用の内訳として、手術代と入院費とが同額くらいかな?と予想していたのですが、私は8日間入院していたので、入院費の方が割合が多く、支払額の約半分を占めていました!

 

他の方式の手術について保険点数を調べてみると、以下のような感じでした。

(手術単体の点数。麻酔や点滴等をした場合には別途加算されます)

・硬化療法 1,380点
・硬化療法(四段階注射法によるもの:いわゆるジオン注射) 4,010点
・結紮術、焼灼術、血栓摘出術 1,390点
・根治手術 5,190点 (←私が受けたもの)
・PPH 11,260点
・痔ろう根治手術
 単純なもの 3,750点
 複雑なもの 7,470点
 

・・上から3番目の手術の名称が、おどろおどろしいですね!

痔核の切除とジオンを併用する方もいるようですが、その場合には2つの手術の代金を払うんですかね~?

いずれにしても、手術単体で見ると意外と安いんだな~という印象です(20年来痔主の個人的感想です)。

 

ちなみに、明細には本当に細かい内訳が書かれていて、例えば大腸内視鏡検査の時にはいた「使い捨てスリット入りハーフパンツ」は310円なのか~、とか、手術後すぐに付けてもらったT字帯は610円・・とか、じっくり読むと面白いです!

  

今回は、ただの会計報告となってしまいましたが、手術を検討している方の参考になるとうれしいです!