飲んだくれママのおしり治療日記

フルマラソンサブ4めざす小学生×2の働くママが内核痔根治手術を受けたお話。入院期間1週間。手術後1か月の禁酒で4kg痩せました!

<

スポンサーリンク


病院選び&初受診まで

f:id:oshirimama:20180102154508j:plain

いざ受診を決意して調べてみると、意外と痔の治療をやってる病院って多いんですね!

 

・病院選び

だいぶ前から、自宅から一番近い肛門科専門クリニック(自宅から自転車で5分)のホームページはチェックしていました。治療の流れも丁寧に説明されているし、施設もきれいそうだし、受診するならここかな、とぼんやりと考えていました。

ただ、このクリニックは、手術すると1週間から10日程度の入院が基本のよう。他の病院のホームページに載っているような、ジオン注射とか日帰り手術とかは力を入れていないみたい・・

正直迷いましたが、最初に書いた「自宅から1番近いクリニック」を受診することにしました。

 

その理由は、

・自覚症状として、もはや私の内痔核は「4度」としか思えず、根治手術をしてもらうのが最短の道と考えたこと

・手術したからには、子供の世話や仕事から隔離される入院生活するのが一番と考えたこと

・入院中にお見舞いきてもらったり、退院後の通院などを考えると、やはり自宅から近いに越したことはない

・・などです。

 

・旦那へのカミングアウト

受診を予定しているのは、仕事が休みの土曜日の午前中・・もちろん、子供も旦那もお休みです。病院=混んでるイメージなので、お昼までに帰ってこれないかも・・そしたらお昼ご飯もお願いしなきゃ・・ということもあり、受診数日前に旦那に「痔なので病院に行きたい」と、これまでの経緯も含めカミングアウトしました。

正直、これだけ脱肛してれば旦那も気づいてると思ってました。

でも、全く気づいていませんでした。。そんなもんなのか、もしかして彼のやさしさなのか?

ちなみに、私の父は約30年前、今の私くらいの年齢の時にやはり痔の手術を受けていました(今の手術よりかなり壮絶そうでした)。旦那は、私と生活習慣が似ているけど痔の気は全然ないそうなので、痔の発症は骨格とか性格とかの遺伝的要素も大きいのかも知れません。

 

受診を決めてから、ドキドキはしつつ、20年来の悩みが解消に向かっていることにワクワクしていました!